住生活グループは東北、関東圏で8工場が操業停止。他拠点の活用で影響は軽微のもよう【震災関連速報】

住生活グループは東北、関東圏で8工場が操業停止。他拠点の活用で影響は軽微のもよう【震災関連速報】

住宅設備最大手の住生活グループは、東日本大震災を受けて、下記の各拠点で操業停止や臨時休館、営業停止を実施している(3月15日現在)。

<生産拠点>
 ・トステムの一関工場(岩手県一関市):住宅サッシなど製造
 ・トステムの須賀川工場(福島県須賀川市):リビング建材を製造
 ・トステムの下妻工場(茨城県下妻市):住宅サッシを製造
 ・トステムの土浦工場(茨城県土浦市):ビルサッシを製造
 ・トステムの野田工場(千葉県野田市):電動商品(シャッター部材)を製造
 ・トステムの岩井工場(茨城県坂東市):サイディング(外装材)を製造
 ・INAXの筑波工場(茨城県つくば市):ユニットバスを製造
 ・旭トステム外装の鹿島工場(茨城県神栖市):サイディングを製造

<ショールーム>
 ・岩手県盛岡市(トステム、INAX)
 ・秋田県秋田市(INAX)
 ・宮城県仙台市(トステム、INAX、TOEX、サンウエーブ)
 ・福島県福島市(トステム)
 ・福島県郡山市(トステム、INAX、サンウエーブ)
 ・茨城県水戸市(トステム、INAX)
 ・茨城県つくば市(トステム)
 ・栃木県宇都宮市(トステム)
 ・群馬県高崎市(トステム)

<店舗>
 ・ビバホーム築館店(宮城県栗原市)
 ・ビバホーム石巻店(宮城県石巻市)
 ・ビバホーム荒巻店(宮城県仙台市)
 ・建デポプロ仙台東店(宮城県仙台市)
 ・ビバホーム桑野店(福島県郡山市)
 ・ビバホーム須賀川南店(福島県岩瀬郡鏡石町)

同社広報によれば、生産拠点に関しては多少の設備被害などがあるものの、電力などインフラ面さえ整えば、1週間程度で復旧できる見通し。また、国内の他地域にある工場を活用すれば、十分に代替生産が可能だという。

なお、同社は被災者に対し、仮設ハウス用の窓2000セット、水洗トイレ2000台などの支援物資を寄付することを決めた。また、被災地の自治体に対し、住宅用太陽光発電システム10セットを無料貸与するほか、茨城県坂東市のメガソーラー発電施設の売電によって得た金額を、インフラ復興のための支援金として寄付する方針だ。

(猪澤 顕明 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。