JFEは高炉への送風再開だが、条鋼の仙台製造所は被害甚大で復旧メド立たず【震災関連速報】

JFEは高炉への送風再開だが、条鋼の仙台製造所は被害甚大で復旧メド立たず【震災関連速報】

JFEホールディングスは、東日本大震災の影響でグループ中核のJFEスチールの東日本製鉄所で一時高炉の送風を停止したのに加え、JFE条鋼の仙台製造所が甚大な被害を受け復旧のメドが立たない状況だ。

JFEスチールの東日本製鉄所の千葉、京浜両地区では、地震発生直後に高炉への休風を決めた。千葉地区(千葉市中央区川崎町)では、ガスタンクからの火災の発生も一部で報道されたが、これは誤報だった。京浜で13日朝、千葉で14日朝に高炉への送風を再開したが、保安運転状態。節電に協力し、基本的に操業停止が続いている。

一方、グループで被害が甚大だったのが、形鋼・棒線事業のJFE条鋼の仙台製造所(仙台市宮城野区港)。地震直後に押し寄せた津波により、ほとんどの設備が冠水した。工場敷地内にいた従業員は3階建ての建物に避難して無事だったが、電話がつながりにくい状況のなか、非番の従業員の安否確認を優先している。現在、流入した水は引いているが、今後立ち入り可能になり次第、具体的な被災状況を確認する予定だ。

同じく、JFE条鋼の鹿島製造所(茨城県神栖市南浜)も一部設備が損傷、電力供給と工業用水の供給が制限されており、操業再開のメドは立っていない状況だ。

(山内 哲夫 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。