エノモトの津軽工場が操業再開、岩手工場の復旧は依然先の見通し。工員の安否確認も急ぐ【震災関連速報】

エノモトの津軽工場が操業再開、岩手工場の復旧は依然先の見通し。工員の安否確認も急ぐ【震災関連速報】

半導体のリードフレームなどのメーカーであるエノモトは、東日本巨大地震の影響で一時停止していた津軽工場の操業を再開した。岩手工場は操業停止が続いている。

津軽工場(青森県五所川原市)は13日中に設備、建物の安全点検が終了。14日より操業を開始した。ただ、物流の停滞で材料、部品の調達および出荷には一部遅れが生じている。
 
 岩手工場(岩手県上閉伊郡大槌町)は震災直後から依然操業が止まったままだ。建物や設備に大きな損傷はないものの、電力供給が停止していることから復旧は当面先になる見通しだ。

会社は現状の把握に全力を挙げている。工員の安否確認については昨日時点で101人のうち、約70人の無事を確認していたが、現在では91人の無事を確認。危機管理マニュアルに基づき、本社に安全確認対策本部を設置、10名程度の社員を現地に派遣。残りの安否確認を急いでいる状況だ。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。