FDKは乾電池、懐中電灯を被災地へ提供、いわき工場は被害なし【震災関連速報】

FDKは乾電池、懐中電灯を被災地へ提供、いわき工場は被害なし【震災関連速報】

電池やデジタル家電などの電子部品メーカーであるFDKは15日、東日本大震災の被災地支援を目的に、緊急支援物資を提供すると発表した。

経済産業省や電池工業会と連携し、単3乾電池ニッケル水素の単3電池を72万3500個、懐中電灯を1500個寄付する。

FDKは、東日本大震災で大きな被害を受けなかったようだ。

いわき工場(福島県いわき市常磐上湯長谷町)は建物の損傷はない。同拠点は被災前から休止中であったことから設備の損傷もほとんどなく、従業員の無事も確認されている。他拠点も地震による直接の被害はなく、業務に支障はなかった。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。