大平洋金属は冠水・停電で操業停止続く、ステンレス原料主要メーカー【震災関連速報】

大平洋金属は冠水・停電で操業停止続く、ステンレス原料主要メーカー【震災関連速報】

フェロニッケル国内首位の大平洋金属は、11日に発生した東日本大震災の影響で八戸本社・製造所(青森県八戸市河原木)で、操業を停止しており、再開時期も未定だ。

同製造所は地震直後に同市を襲った津波で冠水。停電も続いていることで、復旧の見通しが立っていない。また、固定電話やパソコンなど通信機能も途絶え、携帯電話で東京の本店と連絡を取り合う状況だ。ただ、かつて津波の被害を経験していたことから、危機対策が進んでおり、高めにつくった設備では冠水を招いたものの、4階建ての施設最上階などへの避難が速やかにおこなうことができ、人的被害は出ていない。

八戸製造所は大平洋金属唯一の製造拠点。ステンレス原料であるフェロニッケルを年間4万トン生産しており、住友金属鉱山を上回り国内最大の規模。現在は、津波で流れ込んだ泥の除去や清掃、設備の損傷状況を確認している段階。早期の操業再開を目指しているが、再開時期は未定だ。

(山内 哲夫 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
中国シェア自転車<br>「野蛮な成長」で定着

2016年の本格導入から1年、猛烈な勢いで広がる中国のシェア自転車。一方、盗難、放置、車や歩行者とのトラブルなど課題も多い。13億人が行き交う中国で誰が覇者になるのか。