ダイキン工業は茨城の拠点操業を停止、再開メドたたず【震災関連速報】

ダイキン工業は茨城の拠点操業を停止、再開メドたたず【震災関連速報】

ダイキン工業は東日本大震災の影響で、鹿島製作所(茨城県神栖市砂山)の操業を停止している。

フッ素化学製品等の製造拠点である鹿島製作所は、震災後の停電により操業を停止した。約120人の従業員のうち、40~50人程度が保安等のために出勤しているが、現在も操業を停止した状態。子会社でである日本無機の結城工場(茨城県結城市大字結城作)も、停電により操業を停止している。いずれの工場も、再開のメドはたっていない。

ダイキンは国内では関西を中心に生産を行っているため、一部、東日本方面から関西圏の工場への部品調達に遅延が見られるもよう。今後の対応策を検討している。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。