新Galaxyの動画機能、実はiPhone6を凌駕

<動画>暗い場所でも明るく撮れる!

サムスン電子は3月1日、Galaxy Sの最新2機種を発表した。航空機に使用される軽量金属を採用したスリムボディが特長のこのスマートフォンで、サムスンは世界のスマートフォンリーダーとなったアップルからの王座奪還を目指す。

「プロジェクト・ゼロ」と名付けられた事業で、このGalaxy S6とディスプレイ側面がカーブしたS6 Edgeはゼロからデザインされた。サムスンはこの2機種の販売で2014年に3年ぶりの年間売り上げ下落につながったスマートフォン収益の落ち込みを覆す計画だ。

前機種はアップルに完敗だった

デモでは、「Galaxy S6」のほうが薄暗い環境でも明るく撮影できることをアピールした

一部の調査によれば、アップルは昨年後半にサムスンを上回り世界最大のスマートフォンメーカーとなった。大型スクリーンのiPhone 6とiPhone 6 Plusの成功に支えられ、10~12月には過去最高の7450万台のiPhoneを販売した。

米調査会社Counterpointによれば、サムスンの前主力製品Galaxy S5は発売後2カ月目に、1カ月間の全世界売り上げ累計でアップルの旧型iPhone 5Sに抜かれている。

サムスンは4月10日に反撃を開始する。3月1日にバルセロナ開催のモバイルワールドコングレスで披露された改良されたGalaxyの新機種が、サムスンにとって史上最も重要な製品リリースとして4月10日に市場に出る。

次ページこれまででもっともすばらしいスマートフォンとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。