ウクライナ元首相、「プーチンの野望」を告発

「プーチン大統領はEU解体を目指している」

ウクライナ停戦がようやく合意された(RIA Novosti/ロイター/アフロ)

顔をマスクで覆い、軍隊バッジを取り外したロシア軍部隊がクリミアに侵攻して以来、ほぼ1年を経て、新たなウクライナ停戦合意がミンスクで署名された。この間、何千人ものウクライナ人が殺害され、さらに何十万人もの人が自国内で避難民と化した。

ロシアがウクライナを編入する企てを表明した頃、私は投獄されていた。ヤヌコーヴィッチ前大統領はクレムリンと協調しており、私の幽閉生活は、彼の追放を要求する何百万というウクライナ人の勇気のおかげで終了した。しかし、獄中生活が終わったのは、母国に対する戦争が始まったからで、自由の身になったとはいえ、後味の悪いものであった。

ドンバスは依然として爆撃を受けている

ミンスク合意が、2014年9月に現地で結ばれた合意とは違って成功するという、見込みのない希望を持たずにはいられない。ドンバスの住民は、依然として包囲されロシア軍部隊らの爆撃を受けており、正常な生活を取り戻す必要がある。

クレムリンに約束を果たす意志があるかどうかの判断材料として、ウクライナ初の女性戦闘機パイロット、ナディア・サフチェンコ氏をロシアが解放するか否かがある。彼女は2カ月超にわたり、私が投獄された理由よりも滑稽な罪での、明らかに不当な投獄に抗議するため、ロシアでハンストを行っている。

ウクライナとそのパートナーは、最新のミンスク合意が破綻した際の、明確な戦略と行動計画を準備しておく必要がある。これには、ウクライナ軍に対する大規模な防衛支援が含まれる。

法の支配を真剣に考えるならば、ハーグの国際刑事裁判所において、クレムリンの指導者たちについて、数多くの戦争犯罪、および彼らの軍隊がウクライナで起こした人道に対する罪で裁くべきである。クリミア侵攻以来、ロシアは継続的かつ深刻に、国連憲章や数多くの国際条約、国際人道規範に違反している。

次ページウクライナは西側を混乱させる理想的なツール
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。