PTC

戦略的サービス事業への変革がもたらす
グローバル競争優位性の獲得

PTC Live Executive Exchange

製造業におけるサービスライフサイクル管理に関心のある役員、経営者層を対象としたエグゼクティブセミナー『PTC Live Executive Exchange~戦略的サービス事業への変革がもたらすグローバル競争優位性の獲得~』が開催された。セミナーでは、サービスを戦略的に捉えることにより、いかにして利益を生み出すサービス事業へと変革し競争優位性を獲得できるか、サービス収益性と顧客価値の向上について着目しながら国内および海外の先進的な事例を交え紹介された。

<主催者講演>
「戦略的サービス事業への変革」

製造業においてサービスによる収益性の向上が求められている現状について、PTC SLMセグメント ディビジョナル ゼネラル マネージャーのリー・スミスが解説した。

近年は、製造業においても、製品を長期にわたって利用することを通して得られるサービス利益が重要視されるようになっている。また、他社との競争を有利に進めるため、そもそもの販売対象を製品ではなくサービスそのものにシフトする動きも見られる。こうした変化を支える業務プロセスやITの仕組みが求められているが、多くの企業がサービスの提供コストの増加などにより、「一時的に利益が減少する」という課題を抱えているのが現状である。

クローズド ループの製品とサービスの優位性

こうした課題を解決しサービス事業を継続的に成長させるために、PTCサービスライフサイクル管理(SLM)の開発方向性は、モノのインターネット(IoT)を考慮してお客様先で使用している製品の稼働状況を把握し、サービスをより迅速に、事前に、効率的に提供可能にすることに向けられている。これにより「現場で起きていることをリアルタイムに把握し、素早い対応が可能となる」とスミスは言う。また、製品がつながることで、サービス パーツ在庫の需要予測をより正確に行えるようになり、在庫レベルが最適化され、予防的な保守作業を提案したり、製品情報や品質情報を設計にフィードバックし改善するサイクルもできるようになる。

「サービス事業においても競争が激しくなってきている中で、変革にはリスクもあればチャンスもある。PTCでは製造業の方々が変革に追随できるようサポートします」とスミスは強調した。

次ページ【海外事例】成果に基づく『製造業のサービス化』を実現
お問い合わせ
PTCジャパン株式会社
東京都新宿区西新宿6-8-1
新宿オークタワー37F
 issjapan@ptc.com
 PTC SLM担当者へのお問い合わせ