AppleWatchは、車のキー代わりにも

ティム・クックCEOが英紙インタビューで

 2月27日、アップルのクックCEOは「アップル・ウォッチ」について、車のキーとして機能する可能性があると語った。写真はカリフォルニア州で昨年9月撮影(2015年 ロイター/Stephen Lam)

[27日 ロイター] - 米アップルのクック最高経営責任者(CEO)は、4月に発売予定の腕時計型ウエアラブル端末「アップル・ウォッチ」について、車のキーとして機能する可能性があると語った。

クックCEOは英テレグラフ紙とのインタビューで、車のキーや大半の車両で使用されている大型のキーフォブに取って代わるようデザインされていると語った。

また、アップル・ウォッチのバッテリーの持続時間はほぼ1日で、充電時間は「iPhone(アイフォーン)」よりも短いとした。

同CEOはさらに、同社の電子決算サービス「アップル・ペイ」を通じ、アップル・ウォッチがクレジットカードの役割を果たすこともできると述べた。ただ、ウォッチ上でどのようにユーザー検証が行えるかどうかについては明確にしなかった。

ユーザーの行動を追跡する機能については、ずれはわずか50ミリ秒程度とした。

アップルからコメントは得られてない。

同社は3月9日に開催するメディア・イベントで、アップル・ウォッチを発表する見通し。

*内容を追加して再送します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。