三菱自動車の3工場は実損ないがモータープールやサプライヤーが被災【震災関連速報】

三菱自動車の3工場は実損ないがモータープールやサプライヤーが被災【震災関連速報】

国内中堅の自動車メーカー、三菱自動車は14日、主力の岡崎製作所(名古屋県岡崎市)、水島製作所(岡山県倉敷市)、パジェロ製造(岐阜県坂祝町)の3工場で15日まで車体生産を見合わせると発表した。

11日に発生した東日本大震災を受けて、3工場に人的、物理的な被害はなかったが、部品調達先であるサプライヤーの一部が被災したもよう。手持ちの部品在庫を使い、16日には工場を稼働させるが、17日については15日に判断する。

現在も販売会社の一部で連絡がとれていない店舗があるほか、仙台のモータープールに保管していた400台の新車が被災した。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。