中外製薬は宇都宮工場の建物・設備の一部に損傷。早期再開に向けて全力尽くすが再開時期は不明【震災関連速報】

中外製薬は宇都宮工場の建物・設備の一部に損傷。早期再開に向けて全力尽くすが再開時期は不明【震災関連速報】

中外製薬は、東日本大震災の影響を受けて腎性貧血治療薬エポジンなどを製造する宇都宮工場(栃木県宇都宮市清原工業団地)の建物・設備の一部に損傷が発生したことを明らかにした。現在、工場は操業を中止しており、被害状況を精査中。建物・設備の確認を経て、早期の再開に向けて復旧を急ぎたいとしている。ただ、再開時期は不明としている。

なお、宇都宮工場は同社の最主力工場で、エポジンのほかに、関節リウマチ治療薬アクテムラやがん化学療法の副作用軽減に用いるG−CSF製剤ノイトロジン、ひざ関節症治療剤スベニールなどを製造している。

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。