スターバックスは東北地方中心に約50店が営業停止。関東圏では営業時間を一部短縮【震災関連速報】

スターバックスは東北地方中心に約50店が営業停止。関東圏では営業時間を一部短縮【震災関連速報】

コーヒー店「スターバックス」を手掛けるスターバックスコーヒージャパンは、東日本大震災の影響により、東北地方の太平洋側を中心に約50店が営業停止となっている。関東・甲信越地方では、一部店舗の営業時間を短縮している。

電力・ガス・水道等のライフラインが停止したほか、交通網の遮断により従業員が通勤できない状態となっていることが要因だ。営業再開のメドは、「震災の影響が比較的小さい岩手県北部などを除き、ほとんど見通しが立っていない」(ファイナンス&アドミニストレーション統括オフィサーの北川徹氏)。営業時間を短縮している関東・甲信越地方の一部店舗については、「今後計画停電の実施が見込まれるため、通常営業への復帰時期はわからない」(北川氏)という。

同社は2月末で全国に868店を展開しており、仮に東北地方で一部損壊の激しい店舗を撤去したとしても、業績への影響は軽微と見られる。今後の出店戦略も、「需要開拓余地の大きい東北をはじめ、地方中心に行う方針に変更はない」(北川氏)としている。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。