アステラス製薬はハルナール原薬製造など2工場が操業停止。工場設備の確認急ぐ【震災関連速報】

アステラス製薬はハルナール原薬製造など2工場が操業停止。工場設備の確認急ぐ【震災関連速報】

アステラス製薬によれば、東日本大震災の影響で、茨城県高萩市と岩手県八幡平市にある2工場が現在、操業を中止している。

子会社アステラスファーマケミカルズの高萩工場は、主力の排尿障害改善薬ハルナールの原薬を製造し、全世界に供給している。子会社アステラス東海の西根工場(八幡平市)は、ハルナールや高血圧症治療薬ペルジピンの包装などを行っている。両工場とも従業員の人的被害はなかったものの、水道や電力が止まっているため、稼働を停止している。

工場設備の損害の有無については調査中だが、確認に時間がかかる見通し。製品供給については、委託先の倉庫会社および提携先の医薬品卸企業に相当数の在庫があるため、当面、問題になることはないとしている。

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。