日立製作所の被害詳報、茨城県などの6工場が損傷、ライフライン寸断で操業停止中【震災関連速報】

日立製作所の被害詳報、茨城県などの6工場が損傷、ライフライン寸断で操業停止中【震災関連速報】

日立製作所が東日本大震災で受けた影響の詳細が判明した(第一報を14日昼に配信済み)。茨城県や福島県にある6工場で建物の一部が倒壊したり、屋根、外壁が落下するなどの被害が出ている。6工場はライフラインが復旧していないため、いずれも操業を停止している。グループの社員では、24人が軽傷を負い、2人が骨折したという。

建屋や生産設備が損傷したのは、次の6拠点。日立製作所電力システム社日立事業所(茨城県日立市)、同都市開発システム社水戸事業所(茨城県ひたちなか市)、同情報制御システム社大みか事業所(茨城県日立市)、日立アプライアンス多賀事業所(茨城県日立市)、日立オートモティブシステムズ佐和事業所(茨城県ひたちなか市)、同福島事業所(福島県伊達郡)。

詳しい被害状況はライフラインが復旧しだい確認する方針で、操業再開のメドはたっていない。

明日以降の対応は未定だが、東京電力の計画停電区域にある事業所の中には休業を検討しているところもあるという。

(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。