「おカネかけすぎ子育て」から脱出するには?

節約のコツは「使える期間」と「費用対効果」

特にこの時期、出費がかさみます……(写真:wavebreakmedia / Imasia)

もうすぐ3月、そして新学期がスタートしますね。新入学・入園は、子どもの成長の証ともいえる節目のイベント! ですが、お祝い気分で浮かれているママ、この時期にかかるおカネ、トータルでいったいどのくらいかご存じでしょうか?

通園カバンにはじまり、制服一式、お昼寝用ふとんや算数セットなどこまごました品まで含めると、場合によっては10~20万円のおカネが一度に出ていくことも!

「使える期間」の長短でかけるおカネを決めて!

入園先からの指定品は仕方ありませんが、それ以外の物にかけるおカネにはメリハリをつけ、締めるところはしっかり締めていきましょう。今回は、子育て期にかかるおカネの抑えどころと節約のコツをお伝えします。

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

就学前の子どもは、成長が著しく、靴でも服でも毎年のようにサイズが変わってきます。また、チャイルドシートやベビーバス・ベビーベッドといった、乳児期特有の品も同様に使用期間が短く、こうした物におカネをかけることは、毎年の子育て費用アップの原因になるので、事前の注意が必要です。

そこで、使える期間が短い物への出費はなるべく抑えると同時に、兄弟姉妹で共用できる飽きのこないデザインの品を買うなど、長く使う目線での商品選びも忘れないようにしましょう。また、買うべきかどうか迷ったら、使う期間を念頭に置いて値段の妥当性を判断するとよいのではないでしょうか。

次ページ自治体からのレンタルを活用する手も!
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。