スタジオアリスは地震被害で9店が今後2週間以内の営業再開困難【震災関連速報】

スタジオアリスは地震被害で9店が今後2週間以内の営業再開困難【震災関連速報】

子供写真館最大手のスタジオアリスは、東日本巨大地震の影響によって14日時点で東北地方を中心に36店舗が休業していることを明らかにした。順次、営業再開をはかっているものの、テナント入居するショッピングセンターの損壊が激しかったり、電気や水道などのライフラインの復旧待ちの状態などで「少なくとも2週間以内の再開が困難な店舗は現時点で9店舗」(スタジオアリス)としている。同社は全国に400店舗を擁している。

地震発生翌日の12日は休業店舗が61店だった。営業時間中の被災だったが利用客や社員の人的被害はなかった、という。点検を経た後、営業再開する店舗が続いて、休業店数は13日に39店、14日に東北地方18店、関東地方18店と少なくなっている。残っている店は、テナント入居しているショッピングセンター全体が営業停止中だったり、単独でもスプリンクラーが曲がったりして修理までに時間を要する店舗などが中心となっている模様だ。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。