日本郵船は対策本部を設置。義援金5000万円寄付を決定。グループ社員への募金も開始。陸・海・空の支援策も検討【震災関連速報】

日本郵船は対策本部を設置。義援金5000万円寄付を決定。グループ社員への募金も開始。陸・海・空の支援策も検討【震災関連速報】

日本郵船は14日、工藤泰三(やすみ)社長を本部長とする「東北関東大震災 対策本部」を立ち上げ、義援金5000万円の寄付をただちに決定したほか、グループ社員からの義援金募集を開始した。義援金の給付先や給付方法は今後詰める。

このほか、海上輸送のみならず陸送や空輸を含めた「被災地への支援策を関係当局と打ち合わせのうえ、検討していく」としている。航空貨物大手、NCA(日本貨物航空)を傘下に擁するなど総合物流の強みを被災地支援でも活かす。

海運大手では、商船三井が12日に武藤光一社長を本部長とする「東北地方太平洋沖地震対策・支援本部」を設置。翌13日に、5000万円の義援金拠出や商船三井グループ内の役職員を対象に募金活動を開始している。商船三井では政府の要請を受けて、100%子会社、商船三井フェリーが、自社のフェリー4隻を用いて、自衛隊の緊急車両や自衛隊員の輸送を13日夜から開始している。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。