帝人は宇都宮のフィルム工場を操業停止【震災関連速報】

帝人は宇都宮のフィルム工場を操業停止【震災関連速報】

帝人は東日本巨大地震の影響で、国内3カ所のフィルム工場のうち、宇都宮事業所(栃木県宇都宮市清原工業団地)の操業を停止したことを明らかにした。製造ラインに損傷がみつかったことから、地震発生日の11日に停止した。

その他の事業所については、地震による損壊等はない。東京電力の輪番停電に対応し一時停止等を行っている状況だ。また呼吸器関連の治療器等の在宅医療機器の分野では、利用者の安否確認を進めるとともに、新たな治療機材投入なども検討している。

液晶ディスプレイ用材料等を製造するフィルム事業は、同じ化成品分野の樹脂事業と合わせて、営業利益の4割程度を占める収益源。宇都宮事業所の操業再開のメドは立っていない。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。