カプコンはアミューズメント施設10店の営業再開メド立たず【震災関連速報】

カプコンはアミューズメント施設10店の営業再開メド立たず【震災関連速報】

ゲームソフト開発大手のカプコンは、東日本巨大地震を受け、東北地方と関東地方で運営するアミューズメント施設の営業休止および営業時間の変更を明らかにした。なお、全従業員の無事について確認した。

アミューズメント施設、プラサカプコンの37店舗中、10店舗が再開のメドが立たない営業休止状態にある。このうちプラサカプコン石巻店(宮城県石巻市イオン石巻ショッピングセンター内)については「水浸しで店舗内にも入れない状況。安否確認のためのメールをやり取りできたくらい」(広報)。

14日臨時休業しているのは、埼玉県の「プラサカプコン入間店」など4店舗で、15日には営業を再開する見通し。またこのほか、千葉県の店舗などで営業時間の短縮を実施している。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。