カプコンはアミューズメント施設10店の営業再開メド立たず【震災関連速報】

カプコンはアミューズメント施設10店の営業再開メド立たず【震災関連速報】

ゲームソフト開発大手のカプコンは、東日本巨大地震を受け、東北地方と関東地方で運営するアミューズメント施設の営業休止および営業時間の変更を明らかにした。なお、全従業員の無事について確認した。

アミューズメント施設、プラサカプコンの37店舗中、10店舗が再開のメドが立たない営業休止状態にある。このうちプラサカプコン石巻店(宮城県石巻市イオン石巻ショッピングセンター内)については「水浸しで店舗内にも入れない状況。安否確認のためのメールをやり取りできたくらい」(広報)。

14日臨時休業しているのは、埼玉県の「プラサカプコン入間店」など4店舗で、15日には営業を再開する見通し。またこのほか、千葉県の店舗などで営業時間の短縮を実施している。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。