昭和電線HDは宮城県の2工場が被災、全容つかめず【震災関連速報】

昭和電線HDは宮城県の2工場が被災、全容つかめず【震災関連速報】

電線5位の昭和電線ホールディングスは、宮城県の南部にある仙台事業所(柴田郡柴田町)と子会社の多摩川電線(亘理郡山元町)が被災した。いずれも人的被害、建物の倒壊はないが、仙台事業所は設備の損傷、床の変形、多摩川電線は建物に一部破損がそれぞれあるという。

ただ、「情報が断片的で全容がつかめず、ライフラインが復旧した後にどれくらいで操業を再開できるかは不明」(経営企画部)。

仙台事業所には3つの生産子会社があり、内訳は2つが通信用電線、1つが電力用電線で通信用の主力工場という位置づけになる(多摩川電線は巻線を製造)。生産再開が遅れると通信用電線(当社のセグメントではコミュニケーションシステム事業)に影響が出る恐れがある。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。