人生を変える「エピックスピーチ」の作り方

あなたも最高のスピーチができる!

渡邉恒雄氏のスピーチは、筆者の人生の中で、もっとも印象的なものだった(写真:読売新聞/アフロ )
 グローバル時代のリーダーシップに最も求められるスキルは、「コミュニケーション力」だ。「自分には才能がないから無理だ」と、あきらめるのは早い。コミュニケーションはメソッド化されたサイエンスであり、人の心を動かすアートであり、体全体を使って表現し、練習することで誰でも上手くなれるスポーツなのだ。今からすぐに使えて、絶対に役立つコミュニケーションのノウハウとテクニックを、「コミュニケーション学」のメッカ、ニューヨークから発信していく。

 

間もなく3月。新しい旅立ち、門出の季節がやってくる。卒業式に入学式、入社式……。そんな人生の節目のセレモニーに付きものなのが、祝辞やあいさつといったスピーチだ。ここで読者のみなさんに質問したい。「あなたは自分の人生を変えるスピーチに巡り合ったことがありますか」「ずっと心に刻み込んでいるスピーチがありますか」

心に残るスピーチは人生を変える

人生の折り返し地点を(多分)越えたであろう筆者も、何百何千回と、こうした「お祝いや励ましのスピーチ」を贈られたり、聞いた口であるが、正直、覚えているものも、心に残っているものもほとんどない。

せっかくの船出の時に、心に残るはなむけのひとつもないのはあまりにもったいない。今回から数回にわたり、「これからどんなあいさつをしようかな」と頭を抱えている先生、議員、総長、学長、社長、PTA会長、生徒代表、そのほか大勢のみなさん必読の「人生を変えるエピック(最高の)スピーチ」の作り方をご紹介しよう。

次ページ実生活でひとつだけ忘れられないスピーチ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。