ダイムラーがベンツ約15万台をリコール

エンジンルームに不具合、中国とドイツで

 2月16日、ドイツ自動車大手ダイムラーは、中国とドイツで販売された主力高級乗用車ブランド「メルセデス・ベンツ」約14万9000台を対象に、安全上の理由でリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。ドイツで5日撮影(2015年 ロイター/Ralph Orlowski )

[フランクフルト 16日 ロイター] - ドイツ自動車大手ダイムラー<DAIGn.DE>は16日、中国とドイツで販売された主力高級乗用車ブランド「メルセデス・ベンツ」約14万9000台を対象に、安全上の理由でリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

エンジン室の断熱板を固定するシールが緩む可能性があり、まれに断熱板が高い温度の部品と接触する恐れがあるという。

対象となるのはEクラスとCLSクラスで、中国で12万7000台、ドイツで2万2000台。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?