日本の火山を科学する 神沼克伊、小山悦郎著

日本の火山を科学する 神沼克伊、小山悦郎著

日本列島には、活火山に分類される火山が108ある。活火山は「おおむね過去1万年以内に噴火した火山および現在活発な噴気活動のある火山」と定義される。北海道から九州まで広く分布しているが、本州西部と四国には島根県、山口県以外に活火山はほとんどない。

最近爆発的な噴火を起こした新燃岳は、宮崎・鹿児島県境の霧島山系にあり、ここ90年以上沈黙している御鉢(高千穂峰の側火口)と、活動が交互に活発化する傾向がある。1959年の噴火を契機に、近隣に東大の火山観測所が開設された。

「天気予報のように火山噴火は予知できない」としつつも、地球科学の視点から日本の火山を解説する。

サイエンス・アイ新書 1000円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。