科学コミュニケーション 理科の<考え方>をひらく 岸田一隆著

科学コミュニケーション 理科の<考え方>をひらく 岸田一隆著

科学の専門家と一般の人とをつなぐ「科学コミュニケーション」という試みが世界で広がっている。なぜ今、科学と向き合う必要があるのか。

著者は「人類が未来の社会で共有すべき価値観にとって科学が重要な役割を果たす」からだと指摘する。山積する難題を解決するには人類共通のコンセンサスが必要であり、そこには科学的に正当な価値判断が求められる。

友人が地下鉄サリン事件の加害者になったことをきっかけに、科学と人類について見つめ直したという著者。知識の伝達だけでは価値観の差は埋まらないと、持続可能な社会に向けて「共感のコミュニケーション」という観点から日本人と科学コミュニケーションのあり方について考える。

平凡社新書 798円

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
物流が壊れる<br>アマゾンの大奔流にヤマトも悲鳴

ヤマト運輸が我慢の限界に。宅配便の総量規制に打って出た。アマゾンなどのネット通販の拡大で急増する荷物と、人手不足で物流業界はパンク寸前。モノが運べない時代がやってくる?