亜米利加ニモ負ケズ アーサー・ビナード著

亜米利加ニモ負ケズ アーサー・ビナード著

「越境文学」を代表する作家によるエッセイ集で、言語、文学、風物、社会から国民性に至るまで、軽妙な筆致でつづられた日米中心の比較文化論。日本語を自家薬籠中のものとした著者ならではの着眼とうんちくによって、ウィットと詩情を交えながらの厳しくも柔らかな批評の世界が広がる。日本と英米の小説や詩などが具体的に比較されることで、原作品の特徴と国民性がより浮き彫りとなる事例の数々も面白い。

母国に愛着を感じつつもその外交政策が犯した過ちには容赦がないし、日本が古き良きものを捨てアメリカ型合理主義社会へと変容していくことへの疑問など、文明批評としても鋭い。とはいえ、視点の温かさこそが本書の身上で、随所でクスリとさせられるレトリックとユーモア感覚は卓抜である。「日本語」と「英語」の言葉の海に遊びながら、物事をしっかり見つめるためのヒントがそこにはある。書名は宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」から。(純)

日本経済新聞出版社 1785円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。