大臣在任の367日はびっくりの連続だった--『招かれざる大臣』を書いた長妻昭氏(前厚労相、衆議院議員)に聞く

大臣在任の367日はびっくりの連続だった--『招かれざる大臣』を書いた長妻昭氏(前厚労相、衆議院議員)に聞く

厚生労働大臣として官僚組織に挑んで、悪戦苦闘の在任367日。「古い役所文化」「古い政治文化」をいかに変えるのか。「初志貫徹」に揺るぎがない。

──大臣を退任して5カ月、生活は一変ですか。

大臣時代は、主体的に自らスケジュールを立てるというより、分刻みで提示された予定をこなしていく形。イベントも多かった。夜は決裁に費やし、その中身について議論する。土曜出勤もけっこうあった。

国会議員は自営業者の集まりみたいなものだ。政権与党の一議員となった今は、どう役割を果たすか。筆頭副幹事長として党の一体性を保って政策を実行し、政治改革推進本部の事務総長、行政刷新プロジェクトチームの座長としての役割もある。古い政治文化、古い役所文化を直していかなければいけない。

──大臣在任中は驚きの連続だったようですね。

野党時代に役所や官僚についてよく知っていたつもりだったが、「奥の院」に入ってみると、びっくりすることばかり。大げさでなく、1時間おきにびっくりするような1年だった。

今までの大臣は、官僚が作った仕事の作法に従って職務を行ってきた。出すぎたまねをしないで、官僚のおみこしの上の「お飾り」となる形での作法がこれまでだった。

──官僚からの答弁案レクチャーで、目を白黒されたとか。

朝9時から国会がある日は6時から主に課長のレクチャーを受けた。意に沿わない答弁案があって、変えると言ったら、その課長は「上司の許可がないと変えられない」と言う。上司は俺ではないのかと。それからは担当局長にも来てもらった。

国会答弁で話したことは、大臣自身の責任になるだけでなく、役所の方針でもある。今までの大臣は官僚が振り付けた作法で済ませ、同時に役所のマネジメントは事務次官に任せていた。大臣は、方向性と対外交渉での最高アドバイザーという位置づけだ。答弁案も「調査できない」「取り組むことは難しい」というものが少なくない。自分たちのテリトリーに触
るな、という発想だった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。