外資系に転職するための「3つの心得」

成功している人は、必ず実行している

外資系に転職する、そこで成功するための「3つの心得」とは?実は外資系と関係なく、仕事で成功したいなら絶対読んでおきたい話だ(Taka/imasia)

今は外資系のIT企業に身をおく私ですが、もともとは石川・金沢市に本拠地を置く日系企業に勤めていました。そろそろ6年目というときに、外資系企業へ転職したいと思うようになりました。友達に相談すると「外資系は冷酷無情な世界だからやめとけ!」、つまり「お前には無理だ!」という助言でした。結局、私は助言には耳を傾けず、未知なる領域である外資系企業へ転職しました(Dell、現職は異なる)。

転職から10年が経ち、驚きました。なんと、私に反対したその友達が「外資系企業に興味がある。話を聞かせてくれないか」と言い出したのです。そこで、今回は、「外資系企業で働く3つの心得」をお伝えしたいと思います。

実は外資系へ転職を考えている人にはもちろん、むしろ日系企業に勤めている方にお読みいただきたいのです。それは、外資系か非外資系かなどは関係なく、自らの仕事の生産性をあげる「大切な法則」が含まれているからです。

何のための会議?とにかくしゃべりまくろう!

まず、会議でしゃべるということの重要性です。ほとんどの外資系には、意思決定までに時間がかかりがちな稟議書は存在しません。代わりに会議という場ですべてを決定していきます。そしてその会議の場が、実に面倒で面白いのです!

「俺の考えはこうだ!」と相手に認識させようとするので、とにもかくにもみなしゃべる、しゃべる。日系企業で教わった「人の話を聞きなさい!」なんて雰囲気はぜんぜんありません。特に「グローバルサミット会議」クラスになると、世界中から人が集まり共通する文化基盤が少ないため、しゃべりまくり!

私のような典型的な日本人は逆に「縮こまって」しまいます。縮こまってしまうと「Seto-san!今日何もしゃべってないけど、なぜ死んだように黙っているの?」と言われてしまいます。よく聞く話ですよね。

私に言わせれば「ちゃんとお前らの話を聞きながら、自分の意見をまとめ、話が切れたタイミングを狙ってしゃべろうと思っていたけど、話の切れ目がまったくないうえ、人の話に被せて違う話題を話し始めるから、しゃべりたくてもしゃべれん!」と言ってやりたい!すごく言ってやりたい!でも、それは言いません。
なぜでしょうか。

次ページやっぱり「自己ブランディング」も必要
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。