レノボの新CEOが5日に都内で会見。「現状と同規模のR&Dを維持し新興諸国でのシェア拡大に注力する」

米IBM上級副社長(パソコン担当)のスティーブ・ウォード氏が5日、都内ホテルで記者会見を行った。ウォード氏はIBMが今年4−6月期に中国・聯想集団(レノボグループ)へパソコン事業を売却(売却後も20%弱の株式持ち分を維持)することに伴い、新レノボの最高経営責任者(CEO)に就任する予定。
 ウォード氏の主なコメントは以下の通り。
 
■新会社の経営方針としては、イノベーション(技術革新)が重要。指紋認証などの最先端技術を開発してきたが、今後ともR&Dに対し、(これまでIBMとレノボが行ってきたのと)同等の規模の投資を継続していく。

■コモディティパソコンでトップを目指すつもりはない。つまり、デルを抜く、ということは目標にない。企業に対しハイプロダクティビティを提供するような新しいPCでシェアトップを目指していく。また、顧客満足度ナンバーワンも追求していきたい。地域的には、中国、ロシア、インドなど、今後の高成長が期待できる市場においてトップシェアを維持していきたい。

■今回の提携でIBMとレノボの両社はクロスライセンス契約を結ぶ。これは長期的なものだ。また(リース・レンタルなどの)金融サービスに関する提携も結んでいる。レノボが製品を供給し、IBMがサービスを供給する関係。レノボはIBMにとって、もっとも大きなサービス顧客になる。私の考えとしてはこの関係は、(IBMのブランド使用契約の当初の期限となっている)5年目以降も長期的に続くだろうと考えている。
【山田俊浩記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。