武富士への過払利息返還請求は90万人に達する可能性も、スポンサー候補の絞り込みは遅れる


 小畑弁護士は、自身が破産管財人を務めた旧ロプロの破たん処理の際にも、同様の対応を行ったものの、その際には国は請求を棄却。金額が小さかったため、小畑弁護士もそれ以上の法的争いは行わなかった。しかし、武富士の場合には、請求総定額は相当額に及ぶ。したがって、仮に国が請求を棄却しても、法的に争うことになる可能性を小畑弁護士は示唆した。訴訟を提起した際の印紙税費用は、公正手続き上の共益債権のなかに準備しているとしている。

武富士の再生問題は、無効となった利息収入の税支払いの是非、という予想外の展開をみせる可能性が出てきたといえるだろう。

(浪川 攻 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
サウジで要人大量逮捕<br>背景に皇太子の危機感

日本の最大の原油輸入相手国、サウジアラビアで政変が起きた。現国王の息子であるムハンマド皇太子が主導し、王族や実業家などを含む200人以上の要人を逮捕。日本への影響は?