パチンコがなくなる日 警察、民族、犯罪、業界が抱える闇と未来 PОKKA吉田著

パチンコがなくなる日 警察、民族、犯罪、業界が抱える闇と未来 PОKKA吉田著

日本独自の文化であるパチンコ。参加人口が1000万人を超えるこの業界は、カネ、権力、犯罪、民族問題など、さまざまな問題を抱える「グレー産業」だという。

風営法で換金行為が禁止されているにもかかわらず、実質的な換金行為が行われているのはなぜか。射幸性をめぐっての業界と警察当局との攻防。パチンコ企業が上場できない理由。ゴト(いかさま)行為はどうのように行われるのか。業界から北朝鮮へ流れる資金の仕組みなど、パチンコ業界でまことしやかにささやかれるうわさの数々を「パチンコジャーナリスト」の著者が明らかにした。

「押尾学事件」の裏に暗躍していたパチンコ業界人脈なども掘り起こす。

主婦の友新書 820円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。