日本人と不動産 なぜ土地に執着するのか 吉村愼治 著

日本人と不動産 なぜ土地に執着するのか 吉村愼治 著

地価が下落に転じ、土地神話が崩壊して20年を経てもなお、そのうち反転するという期待がある。それが1990年代半ばから10年以上にわたるマンションブームを支えている。公定歩合をゼロ近辺にしても資金需要が不足する資本過剰の下で、持ち家優遇政策が一気に拡大。その柱の大型住宅ローン減税は、現在でも最高で月4万円以上に相当する税額控除(=還付)を10年にわたって受けられる。

この政策下で持ち家と借家、どちらが得か。月々のローン返済額が家賃以下というだけでは、すなわち「持ち家が得」とはならない。損得勘定に入れるべき要素は今や多く、判定は一筋縄にはいかない。

土地選好の歴史を振り返りつつ、政策のあり方も問う。

平凡社新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働き方改革を実現する<br>仕事のスリム化

「ノーミーティング・ノーメモ」の方針を打ち出すカルビー。会議を効率化する日産自動車。朝型勤務者に朝食を支給する伊藤忠商事。従来と異なる発想で業務を効率化する企業に迫る。