「3月解禁、8月選考開始」を鵜呑みにするな

採用活動で経団連指針を無視する企業が続出

明治大学駿河台キャンパスで1月30日「就職活動直前セミナー」が開催された。これから本格的に就職活動を開始する3年生を励ますためのイベントだ。

明治大学では、かつて就活シーズンの始めに就活生を激励するための「出陣式」を行っていて、テレビや新聞などでも大きく紹介されていた。その後、青田買いの横行で就活解禁日にあまり意味がなくなったことから、出陣式も取りやめになっていたが、3年前から「就職活動直前セミナー」という名称で復活した。

すでに始まっている企業の採用活動

『就職四季報』は企業からの掲載料をいっさい受け取らない、中立・客観的な就活本。最新の2016年版にはインターンシップ情報や採用予定プロセスなどを初収録。購入はこちら

就職活動直前セミナーの行われた駿河台キャンパス・アカデミーホールには1100人の学生が集まり、立ち見が出るほどの盛況ぶり。さらに同時中継で生田、中野の各キャンパスにも放映された。

就職活動直前セミナーは福宮賢一学長の学生への激励あいさつからスタート、最後は六大学野球で有名な応援団のエールで締めくくられた。就職に強いと定評のある明治大学らしいイベントだった。

経団連の指針によれば、今年の就活は3月スタートだが、企業の採用活動はすでに始まっている。

採用関連調査を手掛けるHR総研の調査によると、2016年採用の新スケジュールについて「賛成」と答えた企業はわずか5%であるのに対して、「反対」と答えたのは57%にも達している。企業は採用スケジュールの後ろ倒しを快く思っていない。

次ページ経団連の指針を支持する企業は少数派
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。