スマホ写真は"賢いケース"で即印刷できる!

Wi-FiやBluetoothは必要なし、動画も記憶

そんなに写真をプリントしたいだろうか? いまどきモノとしての写真に、みんなそれほど魅力を見出しているだろうか? 以前「撮った写真を“その場でプリント”はヒットするか!?」という記事を書いたときには疑問だった。しかし、魅力を感じているひとは意外と多そうだということが、今回わかった。

クラウドファンディングのサイト「Kickstarter」で、スマートフォンをインスタントカメラに変えてしまうカメラケースが、残り期間が1カ月あるにもかかわらず、すでに目標額の6倍以上の出資を集めているのだ。

スマホとドッキングしたプリンター 

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

「Prynt(プリント)」と名づけられたこのアイテム、スマートフォンを収納する形でカメラケースのようにして使う。直接ドッキングするので、WiFi環境は不要、Bluetoothも使わない。また、Prynt自体にバッテリーが内蔵されている。

これを装着して写真を撮ると(過去に撮った写真でもいい)、約30秒で紙の写真がプリントアウトされるというのだ。なお、プリント方法は以前当サイトで紹介した「ポラロイドZIPモバイルプリンタ」と同様「ZINK Zero Ink Printing」という技術を使っている。インクカートリッジもリボンもトナーも使わず、写真用紙に装填されたインクを発色させる形で行う方式だ。

次ページ専用アプリで動画を記録しておけば……
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。