自宅で植物の“スマート栽培”を始めよう!

専用アプリで調光や温度・湿度管理まで

テクノロジーが進んだからといって、住環境をデジタルガジェットばかりに囲まれていると息苦しくなることもあるだろう。日常生活に有機的な彩りを与えるには、ペットを飼ってみるのもひとつの手段かもしれないが、時間と経済的な余裕が必要になる。

古典的だが、植物を置いてみるのはいかがだろうか。日本では昔から軒先で園芸をする習慣があるが、外国人もその緑の多さには驚く、という声を聞いたことがある。そういった古典的な習慣を、少しだけ現代のテクノロジーによってアップデートさせてくれるのが「PLANT PLAYER」だ。

土を使わない栽培システム

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

PLANT PLAYERは部屋の窓辺や棚の上に置けるコンパクトなLED水耕栽培キットだ。

水耕栽培とは、エアポンプなどを使いながら、水中から植物へと酸素や養分を取り入れる栽培方法で、特徴としては土を使わない。煩雑になりがちな土の栽培と比べて、部屋の中でも比較的容易だ。

オイル仕上げのブナ材のポットに内蔵されたLEDが、植物にとって太陽光の代わりになる。波長450ナノメートル前後の青色光と、波長660ナノメートル前後の白色LEDが植物の成長を育んでくれる。

次ページ家庭内菜園も楽しめる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。