将来「おカネに困らない子」はこう育てる!

子は親の金銭感覚をしっかり観察している

子どもの金銭感覚は親の金銭感覚にかかっています(写真:Syda Productions / Imasia)

学校を卒業すればとりあえず誰でも就職ができ、就職すれば終身雇用で生活は安定、ひとまず安心……という社会はもはや遠い過去のもの。

今は就職してもその会社が存続できるのか、会社が存続してもリストラに合わないという保証もありません。ですから、得た収入をどんなふうに使っていくかを考えることが、とても大切になってきます。

何歳から分かる? おカネの価値

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

今日は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)の著者で、日本と欧米双方の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、“将来子どもがおカネに困らないようにする方法”についてお話します。

おカネの価値を教えるのは小さいうちは無理、なんて思っていませんか? でも実は、早い子なら3歳くらいからでもおカネの価値はわかります。

お店屋さんごっこをしている子どもは、「アイスクリームください」「はい、○○円です」なんていうやり取りをしていますよね。物を手に入れるにはおカネが必要だとわかっているのです。

しかも、「1個ですか、2個ですか?」「2個なら○○円です」とか「どれにしますか?」「これは○○円、こっちは△△円です」と、物によって値段(価値)が違うということもわかっています。

次ページ「親の金銭感覚」はこうやって子に影響する!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。