グーグル「Nexus Player」は買いなのか

スマホとテレビを繋ぐ1万2800円の箱の正体

Chromecastと異なり、Androidのテレビ向けプラットホームとなる「Android TV」を搭載している

グーグルがスマートフォンとテレビを繋ぐ、新しい製品を市場に投入する。2月下旬、テレビ向けセットトップボックス「Nexus Player」を1万2800円で発売するのだ。

すでにアップルやアマゾンが同様のプレイヤーを出しており、米国では「Roku」なども人気がある。グーグル自身も家電メーカーと組んだGoogle TVや、USBメモリのようなスタイルのChromecastをリリースしてきたが、今回は自社のハードウエアブランドであるNexusシリーズのひとつとして製品を投入する。

Chromecastとの最大の違いは、Androidのテレビ向けプラットホームとなる「Android TV」を搭載している点、そしてIntel製4コアの強力なプロセッサを搭載している点だ。

これによって、ChromecastのようにPCやスマートフォン・タブレットのコンテンツや画面をテレビに映すだけでなく、Nexus Playerで直接映像やゲームを楽しんだり、音声入力に対応するリモコンやゲームパッドなどを使用したりすることもできる。

特にGoogle Playで公開されているゲームを、ゲームパッドを使ってプレーすることができる点は、大きな特徴になるかもしれない。

セットトップボックスの役割の変化

色や質感はAppleTVと似ている

セットトップボックスはテレビに接続するデバイスだ。かつてテレビがブラウン管で、上にビデオデッキなどを載せることができた頃に、テレビの上に載せる箱(=セットトップボックス)という文字通りの名前がつけられていた。

しかし、現在の薄型テレビの上には当然、載せられないため、テレビの直上ではなく、テレビ台の上に置くことになる。

次ページビデオストリーミング機能も
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。