デキる母ほど使う「トイレの貼紙効果」とは?

行動心理を利用して子の能力を伸ばそう!

最近、トイレに次のような貼り紙があります。「いつも、綺麗に使って頂いてありがとうございます」。実はこれって、人間の行動心理を利用した最高の言葉なんです。子育てにも応用したいヒミツがたくさん!

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“子育てに生かしたい、トイレの貼り紙効果”についてお話します。

 もし、こんな貼り紙だったら?

当記事はIt Mama (運営:ターゲッティング)の提供記事です

(1)“汚く使うな!”

まだ、用を足していないうちから疑いをかけられている“性悪説”の言葉。何だか不愉快ですよね。人によっては「だったら汚く使ってやろうじゃあないか!」とトイレットペーパーや糞尿をまき散らしたくなる人も出てくるかもしれません。

(2)“お願い。汚く使わないでください”

「汚く使うな!」と命令されるよりはマシですが、やっぱり疑いをかけられていることには変わりありません。たとえ“お願い”されてもいい気分ではありませんよね。

(3)“いつも綺麗に使って下さってありがとうございます”

普段意識して綺麗に使っているわけではありませんが、何だか期待されて、さらに感謝までされて素直に従いたくなりませんか? 特に指示命令されている訳でないのにトイレットペーパーの先っぽを三角折にし、便器の周りが汚くなっていないか確認までしたくなります。

次ページこれを子育てに当てはめると??
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。