永守重信・日本電産社長--365日、朝から晩まで母に教わった全力疾走(上)


 一方のハードワーク。これこそが永守の本領だ。掲げた創業精神は、「努力は人を裏切らない」。休むのは正月の朝だけ。毎朝6時50分に出勤し、最低でも12時間働く。社員から届く事務報告などのメールは一日300通以上。土・日曜日にも海外スタッフから500通のメールが届き、ときには、自宅の風呂場に携帯電話を持ち込んで、幹部と話し込むこともある。

ウソのような本当の話。3年前、長年連れ添った夫人が思い詰めた表情で永守に迫った。お願いだから、本当のことを言って--。

「知り合いの医者に言われたんだよ。『あなたの旦那さんは絶対に、麻薬をやっている。そうでなければ、あんな働き方はできない』と」

永守にクスリはいらない。全力投球が自然体なのだ。「経営者は自然体がいちばんいい。社員に対してもお客さんに対しても、誰に会っても変わらない。つねに全力投球」。

「楽しいのは、会社が大きくなること、新しい社員が入ってくること、買収した会社を再建すること」。永守は、ハードワークも社長業も、心の底から楽しんでいる。

ところが、08年、その永守がどん底にたたき落とされた。「アカン。会社が潰れるかもしれない」。リーマンショックの勃発である。

景気の変動をモロに受ける情報機器向けのモーターを主力としているだけに、インパクトは強烈だった。

「売上高がドーンと半分になった。計算すると、毎月100億円の赤字が出る。3年ぐらいはこの状態が続くかもしれない。このままでは、アウト。36年間やってきた会社が、ついにパーや」

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。