子どもの成長に「炭水化物」が重要なワケ

食が細い子にも食べやすいメニューはコレ!

成長盛りの子どもにとって、炭水化物は特に重要です(写真:ebypage / Imasia)

日々、すくすくと成長している子どもたち。体の見た目だけでなく、目にしたこと・教えてもらったことなど、たくさんのことを吸収して、頭の中でも、めまぐるしく成長していっています。そんな心も体もどんどん成長している子どもたちに、“炭水化物”がとても大切な役割を担っていることをご存知でしょうか?

炭水化物と言えば、米・パン・麺類などといった主食が代表格でカラダを動かすために、必要な栄養素です。これらは、すぐに消化・吸収され、いち早くエネルギー源となってくれます。今日は乳幼児にとって炭水化物が必要なワケと子どもにオススメな炭水化物をご紹介します。

脳が1日に使うエネルギー、乳幼児は全体の50%!

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

脳が一日に使うエネルギーは、オトナの場合、全エネルギーの20%と言われているのですが、乳幼児の場合はなんと50%も使っているのだとか! 

もちろん全体の摂取エネルギーがオトナのほうが多いというのもありますが、子どもたちの頭の中は、グルグルとすごい勢いで成長していて多くのエネルギーを必要としているワケです。

そんな“カラダを動かすだけでなく、脳の活動も支える炭水化物”は、さらに詳しく分類すると、糖質のなかでもブドウ糖だけとされています。炭水化物は、一般的に“糖質と食物繊維”の総称。この糖質は、ブドウ糖・果糖・ガラクトースという単糖に分解されます。

そして、これらの糖が炭水化物に含まれる割合は、おおよそ、ブドウ糖80%、果糖・ガラクトース各10%。このことから見ても、炭水化物を摂ることは、“脳の働き”を助けるのに、とても効率のよい食べ物なのです。

次ページ幼児期のオススメメニューは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。