魅惑の「ブサかわ」芸術、仁阿弥道八の魅力

触れてみたくなる可愛らしさ

高度な技術とユーモア感覚を併せ持った幕末の陶工、仁阿弥道八(にんなみどうはち、1783~1855年)の展覧会が、3月1日までサントリー美術館で開かれている。タヌキやヤギを焼き物で表したユニークな作品について、学芸員の安河内幸絵さんに話をきいた。

仁阿弥道八は関東ではあまり知られていないが、京都を中心とする茶道界では昔から人気が高いのだという。京都の五条坂に窯を持ち、茶道具、食器、動物や人物の像などを焼いた。朝鮮、中国、オランダの器の写しも手掛けている。幕末の陶工として必ず名前が挙がるにもかかわらず、これまで単独で取り上げる展覧会はほとんどなかった。今回は玄人好みの茶碗も数多く出品されているが、ここでは動物と人間を模した焼き物を紹介したい。

茶室でひっそりと白目を剝く狸の炉釜

この『色絵狸炉蓋』は、僧衣をまとったタヌキがなぜか白目をむいて座っている。「炉蓋」とは、茶室で湯を沸かす炉の上にかぶせるものだ。

画像を拡大
『色絵狸炉蓋(いろえたぬきろぶた)』仁阿弥道八 江戸時代 19世紀 東京藝術大学大学美術館

「炉の熱さに耐えかねて白目になってしまったのでしょうか。昔話の『分福茶釜』からの連想でタヌキにしたのかもしれません」と安河内さんは語る。

いくらくんでも湯が尽きない不思議な茶釜。実はタヌキが釜に化けていたというのが『分福茶釜』のお話だ。

茶会のときは炉に茶釜をかけて湯を沸かすから、炉蓋は使わない。つまり、炉蓋は客の目に触れるものではない。人けのない茶室にタヌキはポツンと座っていたのだろうか。

次ページお寺へのお礼の品?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。