マレーシアで英語を学ぶ価値はあるのか

現地にある語学教室の経営者に聞いてみた

英語はどこでも通じるマレーシア。はたして、マレーシアは英語を学ぶのに適した国と言えるのだろうか。11年前から、クアラルンプールで語学学校を経営している西尾亜希子さん(写真)に、語学教育の地としてのマレーシアの可能性を聞いた。
2004年に、「AtoZ language centre」を立ち上げて以来、現在、日本語教育のほか、英語やマレー語を教える教室を経営している西尾さんは、首都のクアラルンプールのほか、ジョホールバル、コタキナバル、ペナンにも支店を持ち、現在、100人ほどの生徒に教えている。

マレーシアで英語を学ぶ価値はある?

――ズバリ、マレーシアで英語を学ぶ価値はあるのでしょうか。

まず、前提としてお話しますと、英語学校に行ったから、ある言葉が話せるようになるか?というとそうじゃないと思うんですね。結局、習ったことを使う場所がないと、話せるようにはならないんです。もちろん、基礎がないといくら実践しても無意味ですから、学校の意義はあります。ただ、基礎や文法を学ぶなら、日本でもいい学校はたくさんあるんです。

――すると日本でも英語学習は十分可能ですか。

問題は、英語学校の外でどれだけ話したり聞いたりする環境が作れるか、ということに尽きると思います。英会話を楽に実践できる環境があるということで、マレーシアに来ることはありだと思います。

次ページマレーシアで英語を学ぶメリットとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
熱狂!アニメ経済圏

『君の名は。』『この世界の片隅に』…ヒットが相次ぎ、アニメ市場は2兆円に迫る。その一方で、新人アニメーターの年収は110万円という過酷な制作現場。結局、誰が儲けているのか?