血糖値は「タトゥーシール」で計測できる!

検査のストレス・コスト軽減も可能に?

(写真:Temporary Tattoo Offers Needle – University of California, San Diego)

1回ごとの苦痛はそれほど大きくなくても、それとずっと付き合っていくとなるとつらいだろう。生活習慣病の治療というのはそういうものかもしれない。

しかし、糖尿病患者の苦痛を軽減してくれるウェアラブルデバイスの研究が、カリフォルニア大学サンディエゴ校から発表された。

皮膚の細胞のあいだの血糖値を計測し、その情報を採取することができるタトゥーシールだ。これが実用化されれば、糖尿病患者は痛い思いをせずに血糖値検査をすることができる。

電流を流してグルコースを計測

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

現在、糖尿病をわずらっているひとは、しばしば1日に何度も血糖値検査を行わなくてはいけないという。それには小さい針を使った器具で少量の血液を採取する必要がある。これが不快なためにいやがる患者もいるそうだが、そうすると糖尿病のリスクが高まる結果になる。

そこで開発されたのが、一定のパターンで配置された電極がプリントされたタトゥーシールを使う方法だ。

微弱な電流を10回流すことで、細胞間を流れるナトリウムイオンを電極に向かって移動させる。それらのイオンはグルコース(糖分)を運搬するので、そのグルコースによって得られる電荷を計測することで、そのひとの血糖値がわかるというのだ。

次ページ従来よりも感度の高いセンサーを開発
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。