日本経済を救う税金の話をはじめよう 大武健一郎著

日本経済を救う税金の話をはじめよう 大武健一郎著

大蔵主税畑で活躍した著者の手にかかると、とかく難しい税をめぐる意外な事実と重大な問題提起がすんなりと頭に入ってくる。日本で「税」といえば重いか軽いかの議論か、巨額の財政赤字をどうするかという角度からの話がもっぱらだが、展開されるのはもっと本質的で戦略的な議論である。経済を活性化するために税をどう活かすか、それにはどのような税体系が望ましいか。「税を税だけで議論してはいけない」という主張はまさに正論だろう。

日本の所得税は欧米と比べ極めて安い、法人税の多くは海外の消費者が支払っている、外国人狙いで導入されたフランスの消費税、共通番号制は困窮者把握でその保護に活かせ、相続税を廃止し遺産税と富裕税を検討すべし、地方税のあり方を抜本的に変える。その他、少数意見とおぼしき主張も少なくないが、その多くは非常に説得的だ。後はどう実現するか。本書が日本復活戦略の手掛かりとなることを期待したい。(純)

かんき出版 1575円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。