「チームワーク」が職場の混乱を招くワケ

プロ集団を好む人、仲良しクラブを好む人

チームワーク観の違いで、イラつく人続出?(写真:HBS / Imasia)

男性にとって、チームとは軍隊?

昨今、「チームで働く」「チームワークが大切」と説く雑誌の特集やビジネス書をよく見かけます。そのチームワークの理想像については、人によって、特に男女間で大きな意識の違いがあるようです。

男性がチームで働くといったときにイメージするのは、チームスポーツ。「上長の指示の下、チーム一丸となって勝ちに行く」「強いリーダーシップを持つ司令官がてきぱきと指示を出し、メンバーは全力を尽くす」というもの。

上下関係を重んじ、縦社会に生きる男性たちにとって、チームリーダーの言うことは絶対。だからこそ、リーダーシップのない上司のことは、ぼろくそに非難しますし、逆に、言うことをきかない部下は使いづらくて仕方がない。

いわば小さな軍隊、一個小隊として任務を遂行する、というのが男の好きなチームワークのイメージです。

「プロ集団」も好まれるチーム像

軍隊といえば、もうひとつ男たちが好きなのが「プロ集団」。

ハリウッド映画などに出てくるスパイチームや特殊部隊では、それぞれがスーパーな才能(射撃、情報収集、運転、力持ちなど)を持っていて、それぞれが「プロの仕事」を果たす。

そうやって、スマートに問題解決をした後は、クールに解散。決してなれ合わないし、互いの領分を侵すこともありません。特に外資系企業や、コンサルティングやエンジニアなど、専門職の人たちが好むチームワーク像でしょう。

次ページ一方、多くの女性が好むチーム観は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。