51歳の常務を社長に抜擢--資生堂社長に「参謀役」末川久幸氏が就任


特に2ケタ成長を続ける中国は最重要地域。今期までは中国全土の5000店の専門店で資生堂の商品を販売することを目標としてきたが、すでに10年9月に達成。末川氏は海外経験がないという懸念がつきまとうなか、さらなる一手をうつことができるのか。

国内のテコ入れと海外の一段の拡大という難題を託された末川氏。本格デビューは4月の中期経営計画発表時になる見通し。その手腕はいかに。

末川久幸(すえかわ・ひさゆき)
1959年生まれ。東京都出身。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業後、82年資生堂入社。2008年執行役員、経営企画部長、10年常務に就任。11年4月から14代目社長に内定。家族は大学生と小学生の息子が2人。趣味は映画鑑賞や料理。休日はパスタをうって家族にイタリア料理をふるまうことも。

◆資生堂の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

 

(島田知穂 =東洋経済HRオンライン)

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
期待のインフルワクチン<br>「埼玉株」見送りの悲劇

「埼玉株」を用いたインフルエンザワクチンは高い効果が期待されていた。しかし土壇場で不採用に。なぜ埼玉株は使用されなかったのか。ワクチン選定をめぐる激しい議論を振り返る。