指揮者の仕事術 伊東乾著

指揮者の仕事術 伊東乾著

西洋音楽に付きものの指揮者。自分では音を出さない音楽家という存在は、世界の民族音楽を見渡しても珍しい存在らしい。実際には指揮者なしでもオーケストラは演奏できるのだが、なぜ指揮者が必要とされるのか。それは優れた経営者は売り上げを伸ばすことができるように、優れた指揮者であれば演奏家集団の持つ力を何倍にも高めることができるからだと、現役の指揮者であり東京大学初の音楽准教授でもある著者は言う。もちろんせっかくの合奏を台なしにする下手な指揮者もいる。つまり指揮者の役割はあらゆる分野のリーダーに通じるものなのだと強調する。

プロの仕事術の基礎が詰まっている指揮者の存在。その「総合力」の秘密を紹介する。

光文社新書 861円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?