日米同盟vs.中国・北朝鮮 R・アーミテージ、J・ナイ、春原剛著

日米同盟vs.中国・北朝鮮 R・アーミテージ、J・ナイ、春原剛著

ブッシュ政権で国務副長官を務めたアーミテージ氏と、カーター政権で国務次官補、クリントン政権で国防次官補を務めたナイ氏に、日米同盟をめぐるもろもろの課題や歴史、問題点を、日本人記者が問いただす。

事あるごとに日本を牽制してくる中国、核開発をやめない北朝鮮、北方領土問題で一歩も引かないロシア、アメリカとの親密度を高める韓国。これら周辺諸国とのパワーゲームで明らかに弱腰の日本は、アジア太平洋地域においてその存在感をますます失いつつある。こうした状況の中で、日米同盟をどう発展させるのか、あるいは独立・自立の道はあるのかなど、米国政府の中枢にいた人物ならではの国防論が語られている。

文春新書 861円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。