マネジメント信仰が会社を滅ぼす 深田和範著

マネジメント信仰が会社を滅ぼす 深田和範著

経営コンサルタントの著者は、昨今のドラッカーブームを牽制しながら、マネジメントさえしっかりしていれば会社がうまくいくような幻想が蔓延していることを危惧する。そして、経営者がとにかくマネジメント理論・手法に傾倒するあまり、本来のビジネスをおろそかにし、業績不振に陥ってしまったケースを数多く見てきたという。自ら意思決定ができなくなったり、管理・調整はすれど責任を取らない、本書に取り上げられたような勘違い経営者の事例はあまりに深刻だ。

行き着くところは経験と勘と度胸となるが、社員がこれらを発揮できる状況をいかに作り出せるかがカギとなろう。ビジネスの本質を見失わないための経営術を伝授する。

新潮新書 714円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。