マネジメント信仰が会社を滅ぼす 深田和範著

マネジメント信仰が会社を滅ぼす 深田和範著

経営コンサルタントの著者は、昨今のドラッカーブームを牽制しながら、マネジメントさえしっかりしていれば会社がうまくいくような幻想が蔓延していることを危惧する。そして、経営者がとにかくマネジメント理論・手法に傾倒するあまり、本来のビジネスをおろそかにし、業績不振に陥ってしまったケースを数多く見てきたという。自ら意思決定ができなくなったり、管理・調整はすれど責任を取らない、本書に取り上げられたような勘違い経営者の事例はあまりに深刻だ。

行き着くところは経験と勘と度胸となるが、社員がこれらを発揮できる状況をいかに作り出せるかがカギとなろう。ビジネスの本質を見失わないための経営術を伝授する。

新潮新書 714円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。