渋滞回避にはヘリコプター、都心と成田なら30分に短縮

渋滞回避にはヘリコプター、都心と成田なら30分に短縮

「東京を国際都市に」の掛け声とは裏腹に、成田国際空港と都心を結ぶアクセスの悪さは不満の種だ。が、森ビルでは2009年9月から、都心−成田空港間をヘリコプターとハイヤーで結ぶ、「成田エアラインコネクションサービス」を始め、注目されている。

現在、成田空港と都心を結ぶのは鉄道か自動車。鉄道なら、京成スカイライナーとJR山手線を使えば、東京駅まで1時間15分。待ち時間も必要だ。一方、自動車は道路の渋滞が気に掛かる。その点、ヘリコプターの場合、成田空港から空港近くのヘリポートまでハイヤーで15分。ヘリポートからアークヒルズの屋上まで15分。合計30分で済む。

ただ画期的な速さとはいえ、この事業、参入は簡単でない。現在、都内にあるビルでは高さ31メートルを超えると、屋上にヘリコプターが着陸可能な設備の設置を提案される。が、多くは災害緊急用で、常時利用できない。非公共用ヘリポートとして認可されているのは病院、警察、消防署、新聞・テレビ、学校など。森ビルが運行するヘリポートは、テレビ朝日が認可を得たものを、同社移転後、森ビルが事業継承したものだ。「昨年末までの利用者は累計約4000人。これが国際都市化の一助になれば」(森ビル)。さらなるヘリ活用には、規制緩和も今後必要になる。

(日暮良一 週刊東洋経済2011年2月5日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。